DTPオペレーターになる

DTPオペレーターになるには?

DTPオペレーターの仕事内容とは?

DTPオペレーターの仕事とは、「印刷会社やデザイン事務所などさまざまな現場で、デザイナーの指示を受けてパソコンオペレーションをすること」です。

 

一応の定義は上記のようなものですが、働く会社によってはオペレーションの種類は多岐にわたり、印刷会社に渡す用のデータを作ったり、デザイナーが作ったデータを簡単に修正したりと、さまざまなデータ作成に関わります。ディレクター、デザイナーが不在の現場・会社では営業担当者の指示を直接受けてデザインから担当する場合もあります。

 

 

印刷会社の仕事を想定すると、デザイナーからのデザイン指示→データをもらう(チラシなどは写真データが多いです)→レイアウトソフトでデータ作成→プリントアウト→校正→修正→営業・ディレクターで提出→デザイン確定→フィルム(またはCTP)の工程へ、という流れがあります。

 

 

クライアントへの提案用としてラフのようなデータを作ることもあり、デザインが確定するまではかなり工程が多くなります。印刷物を作成する流れの中で、データを作るという部分に深くかかわるのがDTPオペレーターです。

 

 

DTPオペレーターがミスをしてしまうと、印刷工程に非常に迷惑がかかりますので、注意が必要です。データに関して常に緊張感を持つ必要があるのがDTPオペレーターですね。

 

スポンサードリンク