DTPオペレーター

DTPオペレーターになるには

DTPオペレーターになるには?

DTPオペレーターになりたい場合は、専門学校やスクールなどで専門知識を学んで、印刷会社や広告会社・出版会社に就職するのが一番近道です。専門学校などで学んでいなくても、未経験でも就職させてくれるところもまれにあります。新卒の場合は窓口も狭くはなりますが、デザイン会社などでもオペレーターを募集しているところはありますから、あきらめずに間口を広げていきましょう。

 

 

オペレーターという職種はなくても、DTP部門の募集があれば応募してみる、というのも一つの手です。DTP部門には写真の補正部門などもあり、似たような仕事を任せられることがあります。印刷会社だけでなく、小さなデザイン事務所や専門学校経由で入れる広告会社なども視野に入れておきましょう。

 

 

将来はデザイナーに、という方は最初からデザイナーの知識をつけておいて「デザイナー見習い」のような形で入社するというのも一つの手です。自分の知り合いやつてがある場合は、オペレーターではなくデザイン部門から入ってみるとよいでしょう。

 

 

専門学校やスクールで学んだ場合は、学校が紹介してくれる就職先があります。少ない間口ですので、なるべくたくさんの会社に当たってみておくのが良いでしょう。

 

スポンサードリンク