DTPオペレーター グラフィックデザイナー 違い

DTPオペレーターってグラフィックデザイナーとは違うの?

DTPオペレーターってグラフィックデザイナーとは違うの?

DTPオペレーターとよく似た職種として比較されるのが、グラフィックデザイナーです。会社によってはデザイナーと同じようなスキルを求めらることもあり、だんだんとその境界線があいまいになってきているという人もいます。

 

 

DTPデザイナーとグラフィックデザイナーの明確な違いを上げるとすれば、DTPオペレーターは指示通りのデータを確実に作る人、グラフィックデザイナーはクライアントの意図をくみ取ってデザイン構成を考えられる人、という違いがあります。

 

 

近年ではそれほど難しくないデザインはオペレーターで十分というクライアントも多く、デザイン料の削減のためにオペレーターに常時発注するという会社も増えてきました。大きなポスターやパンフレットなど、どうしてもデザイナーのデザイン力が必要、という仕事以外はDTPオペレーターに発注するすることもありますから、デザイナーを目指している人にはうれしい環境でもありますね。

 

 

しかし、デザイン事務所で専門のデザイン力を磨いたほうが、より大きな仕事(エディトリアルデザイナー・アートディレクターなど)への道は開けていると言えます。アートディレクターのような大きな仕事をしたい、グラフィックに限らず様々なデザインを学びたいという人は、DTPオペレーターからではなく、デザイン事務所で専門知識を学びましょう。

 

スポンサードリンク