DTPオペレーター 資格

DTPオペレーターが目指すべき資格

DTPオペレーターの目指すべき資格

DTPオペレーターが目指す資格の代表格は、「DTPエキスパート」です。DTPエキスパートは、印刷業界が主導するDTP資格の一つ。印刷物のレイアウト・カラー処理、出力等についてのDTP専門知識と、パソコン基礎知識が問われる資格です。

 

 

印刷業界の教育用として用いらえることが多く、印刷会社によっては新人のうちに取得が義務付けられている場合もあります。難易度はそれほど高くないですが、印刷技術の変化に対応する知識を身につけるため、エキスパートとして認証されるのは2年となっています。資格を更新していくためには、2年ごとに更新試験に合格する必要があります。

 

 

また、技術力とクリエイティブセンスを認定する資格として有名なのが「DTP検定」ですね。DTPのデザイン、レイアウトから編集にいたるまで、幅広いスキルが問われる試験ですが、「DTPエキスパート」ほど問題の幅は広くありません。

 

 

DTPエキスパートと違い、商業印刷でのデザイナー(プロフェッショナルDTP)、商業印刷を発注・コントロールする編集や企画職(ディレクションDTP)、ビジネス文書を作成する事務・営業職(ビジネスDTP)の3種類にレベル設定されているのが特徴です。最も難しいのはプロフェッショナルDTPで、クリエイティブなセンスも評価されますので、何度が高くなります。

 

スポンサードリンク