DTPオペレーター ソフト スキル

DTPオペレーターが使うソフトと求められるスキル

DTPオペレーターが使うソフトと求められるスキル

DTPオペレーターに求められるスキルは、ソフトの使用方法を熟知し、正確に使えることです。新人でもベテランでも、とにかくソフト操作スキルは正確さを求められます。

 

 

主に使うのはPhotoshop、Illustrator、InDesingなどのAdobe製のソフトのスキルを求められます。紙媒体を作るオペレーターには、この3つのソフトスキルが必須です。
新卒で入社する場合は、一通りのソフトの使い方を覚えておくと非常に有利になると言えるでしょう。できれば自分で簡単なフライヤーデザインなどをしてみるなどすると、ほかの応募者と差がつけられます。

 

 

中途で転職する場合には、必ずこの3つのソフトスキルを求められます。ソフトが使えない人は転職できませんし、求められるレベルは低くありません。正確さと幅広く深くソフトを理解している必要がありますから、その点は覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

 

今は上記の3つが主流になっていますししばらくはAdobe製品が印刷業界の主流になると思いますが、印刷業界の潮流によっては新たなソフトスキルを習得しなければいけないかもしれません。ソフトが新しくなると使いこなすのが大変ではありますが、スキルが付くのはDTPオペレーターの醍醐味です。めんどくさがらず、常に新しいスキルを身につけられるようにしておきましょう。

 

スポンサードリンク